目に優しいおすすめのPCモニター7選!ブログや仕事で疲れない&集中できる

どうも、あっぴ(@appi_lt)です!

 

「PC用モニター(ディスプレイ)を買おうと思っているけれど、せっかくなら目に優しいものがほしい!
そしてブログへのやる気スイッチが入ったときには、一気に作業したい!」

とお思いのあなたへ。

 

このページでは、ブログ運営に最適な『目に優しいおすすめのPCモニター』をお伝えするよ。

 

なお、ブログ運営だけでなく、一般的な仕事にも適したモニターとなっている。

なのでテレワークや在宅ワークに使う疲れにくいモニタを探している場合にも、よかったら参考にしてね。

 

注意

目に優しいモニターを使っても、疲れにくいだけで、全く疲れないわけではありません。

適度に休憩を挟みながらお使いください

目次

そもそも目に優しいPCモニター(ディスプレイ)の選び方とは?

おすすめのモニターの前に、「まずは目に優しいモニターとは、どのようなモニターなのか」をお伝えするね。

 

ザっと並べると、最低限、以下のような特徴のあるモニター。

  1. 視聴距離やあなたの目に合った画面サイズおよび解像度
  2. アンチグレア(非光沢、ノングレアとも呼ぶ)
  3. IPSパネル
  4. フリッカーフリー
  5. ブルーライトカット
  6. 高さ・角度の調整可(もしくはVESA規格に対応)

 

また、モニターの基本的な選び方として、品質とサポートの丁寧さにもなるべくこだわった方がいいです。

それと状況に応じて、自動明るさ調整もできると便利。

 

詳しくは目が疲れにくいPCモニターの選び方にて解説しているので、ここでは省略させていただくね。

 

目次へ戻る

外付けモニターのおすすめランキング

1位:EIZO EV2451

 

まず1番おすすめなのが、EIZO EV2451

目に優しい基本性能を備えつつ、環境に応じて、明るさを自動調整できる
さらに品質・サポート共にそこそこしっかりしているため、安心感があるモニターです。

 

デメリットとしては、値段が高いんだけどね。

 

画面サイズは自宅用で1番人気といわれている、23.8インチ。

このサイズにおける最短視聴距離の目安は、視力ごとに、以下のようになっている。
あなたの視力とデスク環境から、適していそうか判断してね。

 

23.8インチ×フルHDにおける最短視聴距離の目安
(ドットの荒さがわからなくなる距離)

視力0.50.60.70.8
視聴距離(cm)47576675
視力0.91.01.11.2
視聴距離(cm)8594104113
あっぴのアイコン画像あっぴ

視聴距離が足りない場合、20cm程度ならキーボードスライダーで距離を稼げるよ

 

長時間の作業における目に優しい基本性能は、以下のようにすべて備えている

  • 蛍光灯など外光の反射や映り込みが目立ちにくいアンチグレア(非光沢)を採用
  • 目に見えないちらつきを完全カットする「EyeCare調光方式」を採用
  • 色温度、コントラスト比をおさえ、ブルーライトの量を低減する「Paperモード」に搭載
  • 広視野角の「IPSパネル」を採用
あっぴのアイコン画像あっぴ

目に見えないちらつきを完全に
(・・・)
カットするというのが、EIZOの強みの1つ。
他のメーカーだと減らすことにとどまるからね

 

また、このモニターの特長として、環境に応じて明るさを自動調整する「Auto EcoView」という機能を搭載しているよ。

このAuto EcoViewによって

  • 外の明るさに影響を受けやすい環境
  • 気分で部屋の明るさを変えたい

といった場合でも、いちいち設定を変えることなく、快適な明るさで作業できるよ。

 

また、もう1つの大きな特徴として、品質とサポートのレベルが比較的高い。

Amazonの口コミを見ても、口コミ数は多いものの、不具合の報告は比較的少なめ。
つまり不具合が起きにくく、個体差も少ないと思われる。

 

また、保証は5年間。

他メーカーのモニターは1年もしくは長くても3年が多いの中で、5年保証は優秀といえる。

しかも修理期間中は貸出機を無償で提供してくれる。
つまりトラブルが起きても、支障なく使い続けられるってこと。

※1 ただし、使用時間30000時間以内に限る
※2 保証期間外の場合、貸出機の送料は消費者の負担

 

さらに高さ・角度の調整にも対応。

目だけでなく、肩や首にも負担のかかりにくい高さで作業することができるよ。

(VESA規格にも対応しています)

 

品質がいい上に保証は5年もあるから、長く使い続けられる。
つまり長期的な意味では、コスパが良いモニターといえる。

※DMMのいろいろレンタルにてレンタルも可能。

 

目次へ戻る

2位:EVICIV EVC-1701

 

2番目におすすめなのが、EVICIV EVC-1701

目に優しい基本性能を備えつつ、近くで見ても目が疲れにくいモニターです。

モバイルモニターだけど、自宅で使うのにかなりいい製品。

 

画面サイズは、自宅用には一見コンパクトすぎる17.3インチ。

けれどこのコンパクトさでありがならフルHDという高解像度から、割と近くで見ても目が疲れにくい。

実際、最短視聴距離を計算すると、視力ごとに以下のようになった。

 

17.3インチ×フルHDにおける最短視聴距離の目安
(ドットの荒さがわからなくなる距離)

視力0.50.60.70.8
距離(cm)34414855
視力0.91.01.11.2
距離(cm)62697582

 

つまり、デスクの奥行があまりなくても目が疲れにくい。

また、コンパクトさから、女性の部屋に置いても馴染みやすいと思う。

 

長時間の作業における目に優しい基本性能は、以下のようにすべて備えている

  • 蛍光灯など外光の反射や映り込みが目立ちにくいアンチグレア(非光沢)を採用
  • ちらつきを抑える「フリッカーレス」を採用
  • ブルーライトの量を低減する「ブルーライトカット機能」を搭載
  • 広視野角の「IPSパネル」を採用

 

また、通常は高さの調整はできないものの、VESA規格に対応。

なのでモニタースタンドやモニターアームを取り付けて、高さや角度の調整をすることができるよ。

つまり目だけでなく、肩や首にも負担のかかりにくい高さ・角度で使えるってこと。

 

目次へ戻る

3位:HP P224

3番目におすすめなのが、HP P224

目に優しい基本性能を備えつつ、品質・サポートがしっかりしたモニターです。

先に注意点を伝えておくとして、スピーカーとイヤホンを挿す端子がない

なのでパソコンなど、接続元のスピーカーやイヤホン端子を使うことになる。

また、付属のスタンドでは高さ・角度の調整ができない。

けれどVESA規格に対応しているので、他のスタンドやアームに交換して、目・肩・首に優しい高さおよび角度に調整できるよ。

画面サイズは、自宅用で人気の21.5インチ。
一般的に23.8インチの方が人気ではあるけれど、根強いユーザーのいるサイズだよ。

あっぴのアイコン画像あっぴ

特に健康志向なら、21.5インチは使いやすい場合が多いよ

このサイズにおける最短視聴距離の目安は、視力ごとに、以下のようになっている。
あなたの視力とデスク環境から、適していそうか判断してね。

 

21.5インチ×フルHDにおける最短視聴距離の目安
(ドットの荒さがわからなくなる距離)

視力0.50.60.70.8
視聴距離(cm)43516068
視力0.91.01.11.2
視聴距離(cm)778594102

長時間の作業における目に優しい基本性能は、以下のようにすべて備えている

  • 蛍光灯など外光の反射や映り込みが目立ちにくいアンチグレア(非光沢)を採用
  • ちらつきをカットする「フリッカーフリー(ちらつき防止)機能」を採用
  • 「ブルーライト削減機能」を搭載
  • 広視野角の「IPSパネル」を採用

また、このモニターの特長として、品質とサポートのレベルが高い。

Amazonの口コミを見ても、口コミ数は多いものの、不具合の報告はほとんどない。
つまり不具合が起きにくく、個体差も少ないと思われる。

さらに通常HPはサポートを外国人が担当することもあって、サポートの評判はあまりよくない。

けれどこのP224は法人向けのモニターなので、サポートセンターも法人向けのもの。
日本人が丁寧に対応してくれるよ。

さらに保証は、「3年ハードウェアエクスチェンジクーリエ保守」というものがついてくる。

これによって購入から3年間、無償で良品と交換してくれる。

つまり修理ではないので、トラブルが起きても、支障なく使い続けられるってこと。

P224は目立った性能がないものの、安定感がある。
あまり注目されていないのが不思議なくらい、実は優秀なモニター。

値段も安いので、手が出しやすいのもいいところ。

あっぴのアイコン画像あっぴ

あっぴも現在、使っているよ。

あわせて読みたい
【HP P224(9YF44AA#ABJ)をレビュー】21.5インチの目に優しい&コスパ強すぎなモニター!
【HP P224(9YF44AA#ABJ)をレビュー】21.5インチの目に優しい&コスパ強すぎなモニター!どうも!あっぴです!今回はHP ProDisplay P224(製品番号:9YF44AA#ABJ)を、自宅で働く女性ブロガー・アフィリエイター向けにレビューします!このモニターの評価目への...

関連:【HP P224レビュー】21.5インチの目に優しい&コスパ強すぎモニター!

目次へ戻る

4位:HP P244

4番目におすすめなのが、HP P244

目に優しい基本性能を備えつつ、品質・サポートがしっかりしたモニターです。

先に注意点を伝えておくと、スピーカーとイヤホンを挿す端子がない

なのでパソコンなど、接続元のスピーカーやイヤホン端子を使うことになるよ。

また、付属のスタンドでは高さ・角度の調整ができない。

けれどVESA規格に対応しているので、他のスタンドやアームに交換すれば、高さ・角度を調整できるよ。

画面サイズは自宅用で1番人気といわれている、23.8インチ。

このサイズにおける最短視聴距離の目安は、視力ごとに、以下のようになっている。
あなたの視力とデスク環境から、適していそうか判断してね。

21.5インチ×フルHDにおける最短視聴距離の目安
(ドットの荒さがわからなくなる距離)

視力0.50.60.70.8
視聴距離(cm)43516068
視力0.91.01.11.2
視聴距離(cm)778594102

長時間の作業における目に優しい基本性能は、以下のようにすべて備えている

  • 蛍光灯など外光の反射や映り込みが目立ちにくいアンチグレア(非光沢)を採用
  • ちらつきをカットする「フリッカーフリー(ちらつき防止)機能」を採用
  • 「ブルーライト削減機能」を搭載
  • 広視野角の「IPSパネル」を採用

また、このモニターの特長として、品質とサポートのレベルが高い。

Amazonの口コミを見ても、口コミ数は多いものの、不具合の報告はほとんどない。
つまり不具合が起きにくく、個体差も少ないと思われる。

さらに通常HPはサポートを外国人が担当することもあって、サポートの評判はあまりよくない。

けれどこのP224は法人向けのモニターなので、サポートセンターも法人向けのもの。
日本人が丁寧に対応してくれるよ。

さらに保証は、「3年ハードウェアエクスチェンジクーリエ保守」というものがついてくる。

これによって購入から3年間、無償で良品と交換してくれる。

つまりトラブルが起きても、支障なく使い続けられるってこと。

目立った性能はないものの、最低限必要な性能を取り入れた安定性のあるモニターです。

値段も安いので、手が出しやすい。

 

目次へ戻る

5位:LG 22MN430M-B

4番目におすすめなのが、LG 22MN430M-B

目に優しい基本性能を備えつつ、ゲームでの利用(FPSを除く)にも適したモデルです。

サイズによっては品質の個体差が激しそうだけど、このサイズは安定感がありそうなので選出したよ。

注意点として、ベゼル(画面の周りにある縁)が太いので、おしゃれさには欠けるけどね。

また、付属のスタンドでは高さ調整ができない。
(角度調整のみ可能)

けれどVESA規格に対応しているので、他のスタンドやアームに交換して、目・肩・首に優しい高さや角度に調整できるよ。

画面サイズは、自宅用で人気の21.5インチ。
23.8インチの方が人気ではあるけれど、21.5インチも根強いユーザーのいるサイズだよ。

このサイズおよび解像度における最短視聴距離の目安は、視力ごとに、以下のようになっている。
あなたの視力とデスク環境から、適していそうか判断してね。

21.5インチ×フルHDにおける最短視聴距離の目安
(ドットの荒さがわからなくなる距離)

視力0.50.60.70.8
視聴距離(cm)43516068
視力0.91.01.11.2
視聴距離(cm)778594102

長時間の作業における目に優しい基本性能は、以下のようにすべて備えている

  • 蛍光灯など外光の反射や映り込みが目立ちにくいアンチグレア(非光沢)を採用
  • ちらつきをカットする「フリッカーセーフ」を採用
  • 「ブルーライトカット機能」を搭載
  • 広視野角の「IPSパネル」を採用

また、このモニターの特長として、以下のようにゲームに適した機能を搭載している。

  • 暗いシーンの視認性を向上させる「ブラックスタビライザー」
  • 画面のずれや表示の遅延を軽減する「AMD FreeSync™テクノロジー」
  • 映像をよりリアルタイムに表示させる「DAS(Dynamic Action Sync)モード」

特に暗いシーンの視認性を向上させる「ブラックスタビライザー」は、あっぴも個人的にほしい機能。

暗いシーンのプレイは通常のモニターだと見にくくて、目を凝らす分、疲れやすいからねぇ。
しかも目を凝らしても、結局見えないし・・・ゲームを楽しむという意味でもストレスだから。

応答時間は5msと、FPSをガチでプレイするなら、物足りなく感じるとは思う。
けれどFPS以外のジャンルならば、問題なくプレイできるよ。

※FPSとは、ファーストパーソン・シューティングゲームの略。キャラクターの本人視点で操作するシューティングゲームです。

また、HDMI端子も2つ搭載されているので、

  • パソコン
  • ゲーム

と、それぞれに接続したままにできるので楽。

「ブログ運営や仕事などの長時間作業だけでなく、ゲーム用途としても使いたい」という人におすすめ。

目次へ戻る

6位:BenQ GW2283

6番目におすすめなのが、BenQ GW2283

目に優しい基本性能を備えつつ、環境に応じて明るさを自動調整できるモニターです。

あっぴのアイコン画像あっぴ

BenQ GW2480の1サイズ小さなモデルだよ

注意点として、口コミを見た感じ、品質・サポートは微妙だけどね。

また、付属のスタンドでは角度・高さの調整はできない。
けれどVESA規格に対応しているので、他のスタンドやアームに交換して、目・肩・首に優しい角度および高さを調整できるよ。

画面サイズは、自宅用で人気の21.5インチ。
23.8インチの方が人気ではあるけれど、21.5インチも根強いユーザーのいるサイズ。

このサイズにおける最短視聴距離の目安は、視力ごとに、以下のようになっている。
あなたの視力とデスク環境から、適していそうか判断してね。

21.5インチ×フルHDにおける最短視聴距離の目安
(ドットの荒さがわからなくなる距離)

視力0.50.60.70.8
視聴距離(cm)43516068
視力0.91.01.11.2
視聴距離(cm)778594102

長時間の作業における目に優しい基本性能は、以下のようにすべて備えている

  • 蛍光灯など外光の反射や映り込みが目立ちにくいアンチグレア(非光沢)を採用
  • ちらつきをカットする「フリッカーフリー技術」を採用
  • ブルーライトの量を低減する「ブルーライト軽減機能」を搭載
  • 広視野角の「IPSパネル」を採用

また、このモニターの特長として、環境に応じて明るさを自動調整する「ブライトネスインテリジェンステクノロジー」機能を搭載している。

これによって

  • 外の明るさに影響を受けやすい環境
  • 気分で部屋の明るさを変えたい

といった場合でも、いちいち設定を変えずに、目に優しい明るさで使えるよ。

品質・サポートに不安はあるものの、性能のわりに価格が安いモニター。

なので「今支払うコストを抑えつつも、性能のよいモニターがほしい」ということなら、選択肢に入る。

目次へ戻る

7位:BenQ GW2480T

7番目におすすめなのが、BenQ GW2480T

目に優しい基本性能を備えつつ、環境に応じて明るさを自動調整できるモニターです。

注意点として、口コミを見ている感じ、品質・サポートは微妙だけどね。

画面サイズは自宅用で1番人気といわれている、23.8インチ。

このサイズにおける最短視聴距離の目安は、視力ごとに、以下のようになっている。
あなたの視力とデスク環境から、適していそうか判断してね。

23.8インチ×フルHDにおける最短視聴距離の目安
(ドットの荒さがわからなくなる距離)

視力0.50.60.70.8
視聴距離(cm)47576675
視力0.91.01.11.2
視聴距離(cm)8594104113

長時間の作業における目に優しい基本性能は、以下のようにすべて備えている

  • 蛍光灯など外光の反射や映り込みが目立ちにくいアンチグレア(非光沢)を採用
  • ちらつきをカットする「フリッカーフリー技術」を採用
  • ブルーライトの量を低減する「ブルーライト軽減機能」を搭載
  • 広視野角の「IPSパネル」を採用

また、このモニターの特長として、環境に応じて明るさを自動調整する「ブライトネスインテリジェンステクノロジー」機能を搭載している。

これによって

  • 外の明るさに影響を受けやすい環境
  • 気分で部屋の明るさを変えたい人

といった場合でも、いちいち設定を変えることなく、快適な明るさで使えるよ。

また、付属のスタンドでは、高さ・角度の調整もできる。

なので目だけでなく、肩や首に負担のかかりにくい高さに調整しやすいよ。

品質・サポートに不安はあるものの、性能のわりに価格が安いモニター。

なので「今支払うコストを抑えつつも、性能のよいモニターがほしい」ということなら、選択肢に入る。

目次へ戻る

(7位:BenQ GW2480)

ただし、もしスタンドをVESA規格のアーム等に交換する予定なら、BenQ GW2480TよりBenQ GW2480の方がおすすめ。

GW2480ではGW2480Tと比べて、付属のスタンドでは高さ・角度調整はできない。
けれどその分、価格が安いモデルとなっているよ。

(他の機能はGW2480Tと共通なので、説明を省きます)

あっぴのアイコン画像あっぴ

モニターに備え付けのスタンドを使わないなら、高さ・角度調整があろうがなかろうが関係ないからね

目次へ戻る

終わりに

ということで、目に優しいおすすめのモニター7選でした!

それぞれサイズや特徴が違うので、

  • 視力
  • デスク・照明環境
  • 使用用途(ゲームにも使うか?)

といったことから、どれを選ぶかの参考にしてみてね。

また、迷ったらランキング順位も参考にしていただければ幸いです。

ではでは、あなたのブログ運営や仕事が快適になりますように。

以上、あっぴ(@appi_lt)でした!

目次へ戻る

このページで紹介したモニター

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる