目が疲れにくいパソコンモニター(ディスプレイ)の選び方!初めてでもわかるよう解説

どうも、あっぴ(@appi_lt)です!

今回は、目に優しいPCモニター(ディスプレイ)の選び方を解説していくよ。

http://appi-desk.com/wp-content/uploads/2020/11/pasozou-1.jpgパソぞう

目が疲れないってこと?

http://appi-desk.com/wp-content/uploads/2020/11/appi-normal.jpgあっぴ

さすがに全く疲れないわけじゃないよ。

けれど疲れやすいモニターと比べたら、圧倒的に疲れにくくなる

例えばあっぴの場合、以前のモニターでは30分で目が痛くなるほどだった。
けれどこの選び方をしたら、目の疲れを感じることは減って、1日6時間ほぼぶっ続けで使ってやっと違和感に気付くレベルになったよ。

 

http://appi-desk.com/wp-content/uploads/2020/11/pasozou-1.jpgパソぞう

けどそんないいモニター、高そう…

http://appi-desk.com/wp-content/uploads/2020/11/appi-normal.jpgあっぴ

最低限の性能でよければ1万円ほどで買えるよ。

 

目が疲れやすいモニターでも安いもので1万円ほどするから、実は目に優しいからといって特別高いわけじゃないんだ

 

モニターにはそれぞれ得意分野・不得意分野があるから、あなたの使用目的にあったモニターを選ぶのが大事。
仕事やブログなどで長時間使うなら、長時間使うことに適したモニターを選ぼう。

ということでここからは、そんな目が疲れにくいPCモニターの選び方を解説していくね!

 

結論からいうと、最低限、以下のような特徴のあるモニターを選べばOK。

  1. 視聴距離やあなたの目に合った画面サイズおよび解像度
  2. アンチグレア(非光沢、ノングレアとも呼ぶ)
  3. フリッカーフリー
  4. ブルーライトカット機能あり
  5. IPSパネル
  6. 高さ・角度の調整可(もしくはVESA規格に対応)

また、これは必須ではないのだけど…
部屋の明るさが一定ではない場合、以下の特徴もあると便利だよ。

  1. 自動明るさ調整あり

 

あわせて読みたい
目に優しいおすすめのPCモニター7選!ブログや仕事で疲れない&集中できる
目に優しいおすすめのPCモニター7選!ブログや仕事で疲れない&集中できるどうも、あっぴです! 「PC用モニター(ディスプレイ)を買おうと思っているけれど、せっかくなら目に優しいものがほしい!そしてブログへのやる気スイッチが入ったとき...
目次

目が疲れにくいPCモニターの基本的な選び方

視聴距離やあなたの目に合った画面サイズおよび解像度か?

 

画面サイズは大きいほど、作業領域が増えていいと思われがち。

 

うん、たしかに大きいほど作業領域が増えるのはいい。

けれど大きすぎれば、目への負担も大きくなる。

なぜなら基本的に大きくなるほど、ドットの荒さが目立ちやすいから。
また、光が発するエネルギーが強くなるというのもある。

それと目の疲れやすさとは直接関係ないのだけど…
画面下部を見るために大きく下を向くことから、首が不自然に曲がって、首の痛みや凝りに繋がってしまうことも。

http://appi-desk.com/wp-content/uploads/2020/11/appi-normal.jpgあっぴ

疲れにくさを重視するなら、適度なサイズを選ぶのが大事!

 

では「どうすればあなたに適した画面サイズがわかるのか?」というと・・・

 

以下の3ステップを踏むのがベスト!

  1. まずは最短視聴距離の目安(表)を参考に、あなたに合いそうなサイズを選ぶ
  2. 次に、実際に使ってみる
  3. もし合わなかったら、売って、別のサイズを手に入れる
http://appi-desk.com/wp-content/uploads/2020/11/pasozou-1.jpgパソぞう

うげぇ…売るの面倒くさそう…

http://appi-desk.com/wp-content/uploads/2020/11/appi-normal.jpgあっぴ

画面が小さすぎる場合は、モニターを手前の位置にずらして適切な距離にしてもいいよ。

また、画面が大きすぎる場合は、キーボードスライダーを使って距離を稼いでもOK。(20cmくらいなら、視聴距離を増やせる)

 

最短視聴距離の目安は、例えば解像度1920×1080(フルHD)の場合、下の表のような感じ↓

【表1】フルHDにおける最短視聴距離の目安
(ドットの荒さがわからなくなる距離)

サイズ\視力0.50.60.70.8
23.8インチ47cm57cm66cm75cm
21.5インチ43cm51cm60cm69cm
20.7インチ41cm49cm57cm66cm
17.3インチ34cm41cm48cm55cm
サイズ\視力0.91.01.11.2
23.8インチ85cm95cm104cm113cm
21.5インチ77cm85cm94cm102cm
20.7インチ74cm82cm90cm98cm
17.3インチ62cm69cm75cm82cm

※サイズおよび解像度から画素幅を計算し、その上で画素を判別できなくなる距離を算出しています(小数点以下は四捨五入)
※パソコンを使うときにメガネやコンタクトを着用する場合、着用時の視力を考えてください

http://appi-desk.com/wp-content/uploads/2020/11/appi-normal.jpgあっぴ

同じ解像度なら、サイズの小さいモニターの方が視聴距離が短くて済むよ

 

目に優しいと評判の解像度3840×2160(4K)だと、下の表のような感じ。

【表2】4Kにおける最短視聴距離の目安
(ドットの荒さがわからなくなる距離)

サイズ\視力0.50.60.70.8
23.8インチ24cm28cm33cm38cm
サイズ\視力0.91.01.11.2
23.8インチ42cm47cm52cm57cm

※サイズおよび解像度から画素幅を計算し、その上で画素を判別できなくなる距離を算出しています(小数点以下は四捨五入)
※パソコンを使うときにメガネやコンタクトを着用する場合、着用時の視力を考えてください

http://appi-desk.com/wp-content/uploads/2020/11/appi-normal.jpgあっぴ

同じ画面サイズなら、解像度が高いほど視聴距離が短くて済む

 

例えば視力0.8で奥行60cmのデスクを使っているのなら、「17.3インチのフルHD」もしくは「23.8インチの4K」ということ。

あなたの視力やデスクサイズでは、どのサイズ・解像度が合いそうかチェックしてみてね。

 

最適視聴距離は、諸説ある

なお、最適視聴距離は諸説あって、最も有名なのは「40cm以上、ワイドサイズなら50㎝以上」というもの。
(今はワイドサイズが主流だから、たいてい50cm以上ということ)

 

ただ、あっぴが実際に使ってみたところ、上の表(表1,2)が体感的には正しく感じたよ。

実際あっぴの視力は0.8前後なのだけど、フルHDでは以下のように離れないと目が疲れやすい。

サイズ目とモニターの距離
23.8インチ80cm
21.5インチ65cm

 

多少の誤差はあるけれど、だいたい先ほどの表1,2のとおりということがわかると思う。

 

ただし厄介なことに表1,2も、絶対に正しいとは限らない。
なぜなら光の量までは計算しきれないし、人によって細かい感じ方は違うから。

なので手間ではあるけれど、サイズや解像度は実際に使ってみるのがベストなんです。

http://appi-desk.com/wp-content/uploads/2020/11/appi-shobon.jpgあっぴ

経験上、目に優しいことが売りのモニターでも、サイズや解像度が合わなかったら疲れやすい…

サイズ・解像度選びは大事だよ

 

目次へ戻る

ノングレアか?(非光沢、アンチグレアとも呼ぶ)

 

 

グレア(光沢アリ)だと、光の反射が激しくなる。
一方、ノングレア(光沢ナシ)なら、光の反射を抑えられる。

それによって、以下のような特徴があるよ。

メリットデメリット相性のよい用途
グレア美しく見える目が圧倒的に疲れやすい動画鑑賞
(ただし短時間の使用に限る)
ノングレア目が疲れにくい美しさは劣る長時間の使用

 

上の表のとおり、疲れにくさを重視するなら、光沢ナシのモニターを選ぶこと。

※光沢がないことを「ノングレア」や「アンチグレア」、「非光沢」ともいいます

 

ちなみにグレアにノングレアシートを貼っても、目への負担は大きいので注意。

光沢と非光沢の間になる程度で、光の反射はそれなりに激しくなるよ。

 

目次へ戻る

フリッカーフリーか?(ちらつきカットとも呼ぶ)

 

フリッカーとは、人間の目には見えないノイズ(ちらつき)のこと。

液晶モニターでは、バックライトを高速にオンオフすることで、明るさを調整している。
このとき発生するのが、フリッカー。

特に画面を暗くするほどフリッカーは強くなる。

 
実はフリッカーによって知らず知らずのうちに、目に負担がかかってしまうんだ。

また、目だけならまだマシで、疲労・めまい・吐き気に繋がることもある。

 

そしてフリッカーフリーとは、フリッカーを抑える技術のこと。
メーカーによってはわかりやすく、「ちらつきカット」などと呼ぶこともあるよ。

 

フリッカーフリー(ちらつきカット)は、目に優しいモニター選びには必須。

 

目次へ戻る

ブルーライトカット機能があるか?

 

ブルーライトとは、 強いエネルギーを持つ青い光のこと。
そしてブルーライトカットとは、ブルーライトを減らす機能のこと。

 

ブルーライトが目に与える悪影響は、研究でも明らかにされていない。
「ブルーライトは無害」という研究結果もあれば、「ブルーライトは細胞を壊す」という研究結果もある。

ただ、悪影響を与えるという研究結果がある以上、念の為ブルーライトカットができるものを選ぶことをおすすめするよ。

 

なお、ブルーライトカットをONにすると、全体的にオレンジがかった色合いに見える。

使い始めは色の変化が気になるだろうけど、使っているうちに慣れて気にならなくなるはず。

 

目次へ戻る

IPSパネルか?

パネルの種類には、TN・VA・IPSの3種類があるよ。

それぞれの特徴は、以下のとおり。

種類メリットデメリット相性のよい用途
TN価格は安い
応答速度が速い
視野角が狭い
色再現は劣る
動きの速いゲーム
VA視野角はTNより良い
コントラスト比が高い
黒が引き締まる
視野角はIPSに劣る
目が疲れやすい
色再現は劣る
応答速度は遅い
映像鑑賞
IPS視野角が広い
色再現が良い
価格がやや高め
応答速度は遅い※例外あり
長時間の作業
画像編集
動画編集
イラスト製作

 

表のとおり、仕事やブログ執筆などの長時間作業なら、IPSパネルを選ぶこと。

なぜならTNパネルの場合、視野角が狭いため、画面の端の方が白っぽく見えてしまうから。
つまり見にくくなる分、目をこらす分、負担がかかる。

また、VAパネルは視野角はそこそこ良いが、コントラスト比が強いため、目が疲れやすいから。

http://appi-desk.com/wp-content/uploads/2020/11/appi-hohoemi.jpgあっぴ

ちなみにブログ執筆では画像編集、場合によっては動画編集もするので、なおさらIPSパネルがいいよ

 

目次へ戻る

高さ・角度を調整できるスタンドか?

 

モニターは「画面の上端が眼の高さとほぼ同じか、やや下になる高さにすることが望ましい」といわれている。

なぜなら高すぎる位置にあると、目が乾燥してドライアイになりやすいから。

また、目の疲れとは直接関係ないのだけど・・・
低すぎると首が不自然に曲がって、首や肩の疲れ・凝り・痛みに繋がるというのもある。

 

なので高さ・角度を調整できるスタンドのモニターを選ぶことをおすすめするよ。

 

もしくはVESA規格に対応しているものでもOK。

VESA規格とは、モニターなどを以下の器具に取り付けるときに使う『ネジ穴の間隔』について定められた、国際標準規格のことね。

  • スタンド
  • アーム
  • 壁掛け金具

※「VESA規格」でなく、「VESAマウント規格」「FDMI」といわれることもある

 

モニターがVESA規格に対応していれば、同じくVESA規格に対応しているスタンドやアームなどに取り換えられる。

つまりVESA規格に対応していて、なおかつ高さ・角度調整可能なスタンドやアームに交換すればいいってこと。

http://appi-desk.com/wp-content/uploads/2020/11/appi-hohoemi.jpgあっぴ

スタンドやアームの交換はネジの付け外しの手間が少しいるけど、女性でも簡単にできるよ。

 

目次へ戻る

(自動で明るさを調整できるか?)

 

スマホと同じように、パソコンのモニターも適した明るさに調整するのが、目を疲れにくくするには大事。

モニターには明るさを変えられる機能が付いているものだけど、自動調整できない製品がほとんど

というのもおそらく、パソコンは常に同じ環境で使うことを想定して作られているから。
スマホとは違って、屋内だけ、しかも同じデスクで使うものだからね。

 

けれど以下のように部屋の明るさが一定ではない場合、明るさを自動調整できるものがおすすめだよ。
(手動で設定を変えるのは手間なので)

  • 外の明るさに影響を受けやすい環境な場合
  • 気分で部屋の明るさを変えたい場合

 

なお、この機能はメーカーによって「明るさの自動調整」ということもあれば、「輝度の自動調整」ということもあるよ。

http://appi-desk.com/wp-content/uploads/2020/11/appi-hohoemi.jpgあっぴ

EIZOBENQというメーカーにしかない機能なので、この機能がほしいならどちらかのメーカーから選ぶとよき

 

また、似たような機能に、部屋の明るさでなく「映し出すコンテンツの色合いによる自動調整」というのもあるので注意。

こっちは暗くて見にくい写真や動画を頻繁に扱うならあった方がいい機能。
だけどそうでないなら、あまり気にしなくていいと思うよ。

 

目次へ戻る

番外編

それと最後に、目の疲れやすさとは関係ないのだけど、失敗する人が多い点も紹介しておくね。

 

モニターの基本的な選び方として、以下2点にもなるべくこだわることをおすすめするよ。

  1. 品質
  2. サポート

品質はよいか?

 

モニターは一般的に、不具合が起こりやすい製品。

中には「購入後3ヶ月で不具合が多発」「保証期間が過ぎた途端に不具合が多発」なんてモニターもあるくらい。

なので必ず口コミを見て品質をチェックすることをおすすめするよ。

サポートは丁寧か?コミュニケーションに問題はないか?

 

また、特に品質に不安がある場合にチェックしておきたいのが、サポートの丁寧さ

 

中には

「対応してくれるのが外国人のみで、日本語によるコミュニケーションが苦手」

とか

「テンプレ的な回答ばかりで、1人1人に向き合ってくれない」

というメーカーもある。

 

そういったメーカーだとせっかくサポートがあっても、サポートの意味がないよね。

なのでサポートに関しても、口コミを確認することをおすすめするよ。

 

目次へ戻る

終わりに

ということで、目に優しいPCモニターの選び方でした!

 

最後にもう一度まとめると、以下のとおり。

まとめ

最低限、以下のような特徴のあるモニターを選ぼう。

  1. 視聴距離やあなたの目に合った画面サイズおよび解像度
  2. アンチグレア(非光沢、ノングレアとも呼ぶ)
  3. フリッカーフリー
  4. ブルーライトカット機能あり
  5. IPSパネル
  6. 高さ・角度の調整可(もしくはVESA規格に対応)

 

また、これは必須ではないけど…
部屋の明るさが一定ではない場合、以下の特徴もあると便利。

  1. 自動明るさ調整あり

 

あとはモニターの基本的な選び方として、以下2点も口コミを見て確認しようね。

  1. 品質
  2. サポート

 

とはいえ、これを1つ1つの製品に対してチェックするは大変だと思う。

そこであっぴがあなたの代わりに、各製品をチェックして、おすすめのPCモニターをピックアップしたよ。

次のページにまとめてあるので、よかったら参考にしてね。

 

ではでは、以上あっぴ(@appi_lt)でした!

 

あわせて読みたい
目に優しいおすすめのPCモニター7選!ブログや仕事で疲れない&集中できる
目に優しいおすすめのPCモニター7選!ブログや仕事で疲れない&集中できるどうも、あっぴです! 「PC用モニター(ディスプレイ)を買おうと思っているけれど、せっかくなら目に優しいものがほしい!そしてブログへのやる気スイッチが入ったとき...

【NEXT】目に優しいおすすめのPCモニター7選!ブログや仕事で疲れない&集中できる

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる